ワーク

【最新版】履歴書を送る封筒の書き方〜送り方まで、完全マニュアル!

就職や転職、バイトに至るまで必ず必要になってくるのが履歴書です。

実際に履歴書の書き方が分かっていたとしても、履歴書の送り方が分からないという人も多いのではないでしょうか?
また、自分では正しいと思っていることも実際にはマナー違反に当たる行為を知らないうちにしているかもしれません。

そこで、こちらの記事では履歴書の書き方から履歴書を送る際のマナーまで、何も知識がない人でもこの記事を見ただけで全てが分かるように、徹底解説いたします!

履歴書を送る際のマナーがわからない…

履歴書の書き方は分かっていても、履歴書を送る際のマナーを知らない人は結構多いのが現状です。

履歴書は基本的に中身の情報が一番重要となりますが、送り方が悪いとその時点で不採用にされている場合もあります。

例えば、履歴書をPDF化してメールなどでバイト先や企業に送る場合、PDF化したファイルのセキュリティ対策やメールの本文にて「法人格+会社名 部署名 担当者氏名」などの宛先を記入することがマナーです。

一方で郵送で履歴書を送る場合は履歴書などのバイト先の人や企業の人が目を通すものは全て定形外の封筒を使い、汚れが付かないように書類をクリアファイルに挟んで郵送するといったマナーがあります。

履歴書の封筒の選び方

今は普通に郵便局や100円ストア、コンビニなどでもすぐに手に入る封筒ですが、履歴書を送る際はどの封筒でも良いというわけではありません。

履歴書を送る際の封筒は白色の「角型A4号」または「角型2号」の封筒が良いとされています。

コンビニなどで簡単に購入できる履歴書の中には封筒が入っているものがありますが、中には履歴書を2~3等分して折って入れるタイプの長形封筒が入っていいることがありますが、基本的にマナーとしては望ましくありません。

履歴書を折らずに入れることができるサイズの封筒にいれるようにしましょう。

封筒は白の他にも茶色などの色があり、茶色の封筒でもマナー違反になるわけではありませんが、白の封筒を選ぶことで相手に良い印象を与えることができます。

また、履歴書を封筒に入れる際ですが、封筒には「履歴書在中」と記入するのを忘れないようにしましょう。

手渡しで履歴書を渡す際も同様です。

履歴書の封筒の書き方

履歴書の封筒には必ず記入しなければいけないことがあります。

住所などは略さずに都道府県から記入し、社名も(株)、(有)など略さずに正式名所で必ず記入しましょう。

封筒のその側には「履歴書在中」と記入する必要がありますが、「履歴書在中」と書く際は赤色の油性ペンで書くのが望ましいです。

履歴書を封筒に入れてから記入してしまうと、文字は綺麗に書けませんので、必ず履歴書を封筒に入れるまえに記入するようにしましょう。自分の名前は封筒の裏面に記入し、自分に様などをつける必要はありません。

また、履歴書の封筒には必ず切手などを貼って送りますが、切っての料金が不足していると相手に請求が行く可能性もあるため、送る前に郵便局の窓口などでしっかり確認してから送るようにしてください。

たかが封筒に思うかもしれませんが、これもれっきとしたビジネスマナーになりますので、正しいマナーを知らないまま履歴書を送ってしまうと相手にマイナスな印象を与えてしまうた、注意が必要になります。

履歴書の書き方

履歴書には自分の名前や学歴、免許・資格などのさまざまな項目があります。それぞれの項目で注意すべき点をまとめていきますので、ご覧ください。

【基本情報欄】

基本情報欄には氏名や住所などを記入します。

氏名を記入する際は姓と名の間にスペースを空けて記入し、ふりがなは履歴書の指示通りに記入します。(「ふりがな」の場合はひらがな、「フリガナ」の場合はカタカナで記入)

【学歴・職歴欄】

学歴を記入する際は、西暦か元号を統一して記入し、小学校や中学校は記入する必要がないため、高校や大学から記入し、職歴を記入する場合は会社名の略さずに記入し、簡単な職務内容、従業員数などを会社名を記入した下の行に記入します。

【免許・資格欄】

免許と資格がある場合は必ず免許から記入し、どちらも正式名称を記入しましょう。(自動車免許ではなく、普通自動車第1種運転免許など)

【志望動機欄】

志望動機は採用において重要な項目となりますので、自分の思いやなぜその企業を選んだ理由などを明確に記入しましょう。

【通勤時間・健康状態欄】

通勤時間何か必要あるの?と思いがちですが、企業によっては通勤距離が長い場合は手当をいただけることもあり、あまりにも遠い場合は社宅の選択肢をとることも検討する必要があるため、正しい通勤時間を記入することが大切です。

【趣味・特技欄】

実際にこの特技があるから採用されるということはあまりありません。

ですが、企業が選考に迷った際に趣味や特技が魅力的な人を採用する場合もあるため、趣味い・特技欄は自分に趣味や特技がなくても必ず埋めるようにしましょう。

知っておきたい!履歴書の書き方で気をつけるべきポイント

続いて、履歴書の書き方で気をつけるべきポイントを3つほどご紹介します。

どれもビジネスマナーにおいて重要な項目となりますので、しっかりポイントを押さえておくようにしましょう!

1.学歴の最後の欄には「以上」と書く

学歴を記入する欄に高校名や大学名を記入すると思いますが、最終学歴を記入した後は必ず最後の欄に「以上」と記入することを忘れないように注意してください。

「以上」にはこれ以上またはこの先はありませんと言う意味があり、履歴書に「以上」と記入することで学歴はここで終わりという意味になります。

2.西暦か年号かを統一して書く

先ほどもご説明しましたが、学歴や職歴を記入する際は西暦なのか年号なのかどちらでも問題ありませんので、必ず統一して記入するようにしましょう。

【NGの例】

2000年〇〇高等学校卒業

平成13年〇〇高等学校卒業

3.丁寧な字で文字は小さすぎずに書く

履歴書はバイト先や企業に自分のことを知ってもらうために必要な書類です。

必ず丁寧で読みやすい字で記入しましょう。

文字は小さすぎず大きすぎず、バランスよく記入することが大切です。

また、どれだけ丁寧に記入しても元から字を書くのがあまり上手じゃない方もいらっしゃると思います。

その場合、慎重に丁寧に文字を記入することで、相手に誠意を伝えられるように頑張りましょう。

字を上手くかけないからと言って最初から諦めて雑に書いてしまうのはNG行為です!

履歴書の封筒の送り方

履歴書がしっかりマナー通りに書き終えたら次は封筒を準備します。

履歴書の封筒には「履歴書在中」と表面に記入し、白色の封筒でなるべく履歴書を折らずに入れられるA4サイズなどの封筒に入れて送りましょう。

履歴書を送る際は郵便曲のレターパックなどでは送らず、消印有効の期日内に送るように注意が必要です。

また、郵送で履歴書を送る場合は万が一到着が遅れてしまう可能性もあるため、郵便報告メールを相手に送っておくと良い印象になります。

複業クラウドなら履歴書なしで転職につながる副業ができる

複業クラウドはご存じでしょうか?

副業クラウドとは簡単に説明すると仕事をしたい人と仕事をする人を募集したい企業が直接繋がることができるマッチングプラットフォームです。

複業クラウドなら自分のプロフィールなどを一度入力し、気になる企業にエントリーするだけで直接企業とやり取りすることができます。

複業クラウド内のメッセージ機能で企業とやり取りするため、わざわざ履歴書を記入して、エントリーした企業に送る必要はありません。

ただの副業サイトでしょ?と思う方もいらっしゃると思いますが、複業クラウドでは実際に正社員として働くこともできます。

転職をする前の副業をおすすめする理由

いまから就職や転職を考えているのに、なぜ副業をおすすめするの?と疑問に思う人もいるでしょう。。その疑問を解決するために、なぜ今副業をおすすめするのか、その理由をご紹介します。

1.職種への熱意を伝えられる

就職や転職活動をする際、せっかく時間をかけて履歴書を送っても、書類のみで選考から外れてしまって経験はありませんか?

複業クラウドの副業ならわざわざ履歴書を書く手間がかかりませんし、自分の熱意ややる気をそのまま企業にアピールすることができます。

たとえ学歴や職歴が立派なものでなくても、どれだけ字が下手でも企業にはそんな情報は分かりません。そのため、じっかりと人間性だけを見て判断してくれる企業もあるため、就職できる確率が上がります。

2.未経験という壁がなくなる

副業の場合は未経験でも仕事をできる場合があります。たとえ未経験で副業を始めても、それが知識となり経験となり、副業がきっかけで自分で独立して会社を建てている人もたくさんいるのも事実です。

また、職種の中には未経験の人を採用していない企業もあり、副業で実際に経験を積むことで、未経験は採用していない企業にも採用が決まる可能性が高まります。

3.副業先が転職先になることもある

副業をしているうちに、仕事に対してのやる気ややりがいを感じ、そのまま就職活動や転職活動をしなくても流れで就職または転職することができる場合もあります。

また、自分が今まで経験したことがない業種の副業にチャレンジすることで、自分の将来やりたいことの選択肢が広がるとこも事実です。

転職希望者が副業をするメリット

続いて、転職希望者が副業をするメリットをご紹介します。現在、転職活動中の人も、これから転職を考えている人もぜひ参考にしてください。

1.現場経験で課題が見える

副業をすることで、実際に現場経験を積むことができ、自分でできないことや課題が明確になり、たとえ副業でそのまま転職するつもりがなくても、転職活動をする上で大切な知識や経験、自分がしなくてはいけないことが分かるというメリットがあります。

自分の好きな職種や働いてみたい職種でも、実際の様子は働いてみないと分かりません。現場経験を積むことで、自分の職種の良さと悪さを確認することが可能です。

2.お金を稼ぎながらスキルアップできる

副業は実際に報酬を得ることができるため、お金を稼ぎながら自分のスキルアップをすることができるため、今の職場に不満があり、今すぐに会社を辞めて転職活動したいけれど、辞めたや無収入で生活ができなくなるリスクを避けるために、ずるずると転職活動を続けている人もいます。

副業をしながら転職活動をすることで、お金を稼ぎながら転職活動ができるという点もメリットと言えるでしょう。

3.交友が広まり、希望職種の情報交換ができる

転職活動をしている方が副業をすることで、交友が広まり、自分が希望している職種の情報交換をすることも可能です。

例えば、自分が希望している職種に似た副業をすることで、何が必要かを事前に予習することができ、いざ転職活動をする際に優位に進めることができます。

また、希望している職種の裏側も知れることもあり、実際に働く前にリスクを回避することも可能です。

自分が希望する職種に就職できたとしても、いざ働いてみたら想像しいたのと違うためにまた会社を辞めて再び転職活動を何度もしている人もたくさんいます。

そういったリスクを事前に避けることで、時間を有効活用することも可能です。

今すぐ副業・複業を始めるなら複業クラウドに登録!

ここまで実際に副業のメリットなどを知ったうえで少しでも副業に興味がでてきた場合、複業クラウドへの登録をおすすめします。

他にも副業ができるサイトはたくさんありますが、複業クラウドは登録も簡単で、正社員になれる可能性もあり、例えば営業からマーケター、エンジニアに人事関係、コンサルなど様々な副業を実際に経験することができ、「休日稼働」「オフィス訪問可能」「リモートOK」などで自分のやりたい副業を絞ってエントリーすることができます。

エントリーが完了したら後は企業から直接連絡を待つだけで、待っている間に転職活動をする時間をとることもできますし、正社員登用ありの企業から連絡があった場合は複業クラウドで実際に正社員として働くことも可能です。

登録料や審査などは必要ありませんので、少しでも興味がある方は登録からだけでも一歩踏み出してみましょう!