ワーク

履歴書の本人希望欄には何を記入する?転職で役立つ!例文&書き方のコツ

転職の前に知っておこう!履歴書の書き方

 転職する際にはどう履歴書でアピールするのかで頭を悩ませるでしょう。履歴書は、隅から隅までこだわって書きたいものです。

そして履歴書の中には、これまでの職歴を書くだけでなく「本人希望記入欄」という自由に書く欄があります。自由に書ける欄だけに、どう書いたらいいのか困る人も多いでしょう。

また、多くの人がどう書いているのかも気になります。 転職の際の「本人希望記入欄」の書き方について、例文を挙げながらご紹介します。

履歴書の本人希望欄は、あまり何も書かないのも意欲がないように思われます。そして、多く書けばいというわけでもありません。そこで、履歴書の書き方として、いくつかのポイントを押さえておくと便利です。

履歴書の本人希望欄には何を記入したらいい?

履歴書の本人希望欄は、フリーなスペースであるがゆえにどれだけ何を書いたらいいのかを考えてしまうでしょう。書く内容が決まっていないからこそ、余計なことを書いてしまわないかと悩みます。

「本人希望」とは、転職先の企業に何を希望するかを書く欄です。履歴書の段階で、あまり多くの希望を出すとマイナスの評価になってしまうことも考えられます。本人希望欄に、書くべきポイントを予め知っておくと便利でしょう。

履歴書に書いて不利になること、メリットになることなど、書き方の例をご紹介しながら見ていきます。転職の際の履歴書の参考にしてください。

転職で役立つ!履歴書の本人希望欄の書き方ポイント

自由に描ける本人希望欄は、それだけに個性が出やすく企業側からも注目されることが多い欄です。転職の際には、本人希望欄でどのようなことを書くべきかについて詳しくご紹介します。

特に次の3つのポイントを気をつけるようにするといいでしょう。 印象を良くする書き方のポイントを押さえておくのがおすすめです。

1.簡潔に書くこと

本人希望欄を書く場合は、まず簡潔に記入することが大事なポイントです。自由に書くようになっていますが、あまり長く書いても要望がとても多いように受け止められてしまいます。

希望がある時は、簡潔に整理して書くことが大切です。履歴書の本人希望欄で書いたことは重要視されます。「働くためにその希望をかなえてほしい」という強いメッセージになります。

そのため、面接前の履歴書で、あまり強いメッセージとなるような内容を記入するのは控えましょう。雇う企業側もいろいろと構えてしまいます。 もし履歴書に書きたいことがある場合は、簡潔にかなえられそうな希望を書くようにするのがポイントです。

2.待遇面は「貴社規定でお願いします」と記入すること

待遇面のことを書きたいならば「貴社規定でお願いします。」と記入するようにするのがポイントです。「勤務地、待遇などは、貴社の規定でお願いいたします。」と書くのもいい方法です。

特に給料や職種、勤務時間、勤務地、休暇や福利制度など待遇面の希望を履歴書に書きたいと思う人は多いでしょう。しかし、履歴書で初めからそれを細かく書くのは、控えるのがおすすめです。

どんな部署でどんな仕事をするのかが決定していない場合も多くあります。本人の能力がどれだけあるのかによって、給料や職種が決まることもあるでしょう。 最初から待遇面を細かく希望しても、かなわないことや、わからないことが多くなります。

履歴書では本人希望欄には「貴社規定でお願いします」と書いておいて、面接の際に希望があれば聞いてみるのが最もおすすめの方法です。