ワーク

一人でできる仕事11選|黙々と働くための転職テクニックも大公開!

複業するなら 複業クラウド

対人関係に疲れてしまった…黙々と働ける会社に転職したい

人間関係のストレスは自分が思っているよりも蓄積されているものです。

毎日8時間以上、週に5~6日働くとしたら、そこで関わる人の数も相当なものとなります。職場の上司や同僚、取引先やお客さんなど、様々な人たちと関わらなくてはいけません。

中にはできれば関わりたくない人もいるでしょう。

それでも仕事だからと我慢をして人と接することは、相当な精神的負担になります。そのため対人関係に疲れたと感じてしまうことは何もおかしなことではありません。むしろ危険なのは、そんな自分の気持ちに蓋をして頑張りすぎてしまうことです。

世の中には対人関係が少ない一人でできる仕事は数多く存在します。転職することだってひとつの差選択肢です。

ここでは一人でできる仕事を具体的に見ていくとともに、転職のテクニックについても解説していきます。

一人でできる仕事に転職するメリット

一人でできる仕事に転職する最大のメリットは、自由な働き方ができる点です。まずは、人と関わる機会が減ることによって人間関係のストレスから開放されます。

また、一人でできる仕事というのは、周りの様子を気にして働く必要がなく、自分のペースで黙々と働けるということです。さらに、職種によっては在宅で行うこともできるでしょう。働く場所すら自由に選ぶことができます。

このように、何にも縛られない自由な働き方ができるのが一人でできる仕事に転職するメリットです。

一人でできる仕事に転職するデメリット

一人でできる仕事に転職することによって、人間関係のストレスは大幅に減らすことができますが、その分増えるのが個人の負担です。

一人でできる仕事は言い換えると全て一人でやらなければいけない仕事といえます。

そのため、仕事に対する責任は全て自分で負わなくてはいけません。ミスや不具合があった場合の責任は全て自分ということです。また、換えがきかないこともデメリットのひとつでしょう。

仕事を一人で任されているわけですから、急な病気やケガなどで働くことができなくなってしまうと、仕事自体が止まってしまいます。

トレードオフではないですが、一人でできる仕事に転職する際には大きなメリットがある分、デメリットもあることを覚えておきましょう。

黙々と一人でできる仕事に就きたい!

現在は多様性の時代です。性別・国籍・年齢・人種・宗教・価値感などの様々な違いを問わず、それぞれの違いを認識し、認め合うことが重要視されています。

それは働き方についても同じ。無理に人に合わす必要はありません。

「黙々と一人でできる仕事がしたい」「人と関わらないで済む仕事がしたい」「正社員じゃなくてもいいから家で黙々と仕事がしたい」といった働き方を望むのであれば、すぐにでも行動すべきでしょう。

苦痛に耐えることは美徳なんかではありません。苦痛のない環境で自分らしく働ける方が良いに決まっています。大企業に就職できれば安泰だったのはもう過去の話です。どんな有名な企業であっても倒産のリスクを常に抱えています。

終身雇用や年功序列が崩壊し、転職を繰り返すことや副業を始めるのはもはや当たり前のことです。

これからは、自分にあった働き方を自分自身で選択できる時代となるでしょう。

複業するなら 複業クラウド