ワーク

【転職に役立つ】履歴書の学歴・職歴の書き方|人事が見てる経歴ポイント

魅力的な履歴書ってなんだろう?

転職の際には、まず履歴書で有利になるように考えます。採用担当者に魅力的な履歴書とはどんな履歴書かを考えることが大切です。

そうした場合に、やはり一番にチェックされるのは履歴書の学歴や職歴の経歴ポイントです。

どんな学歴で、どのくらいの職歴があるのかを人事では必ずチェックされます。卒業してからすぐに就職をしたのかや、前職で長く勤務したのかなどが履歴書でよく見られるでしょう。

ここでは、人事担当者から見て、魅力的な履歴書にするには、どのような書き方をしたらいいのかを詳しく見ていきます。履歴書への学歴や職歴の記入で気になる事、気をつけたいポイントを知っておきましょう。

学歴ってどこから書くの?履歴書に関するよくある疑問

履歴書では、学歴と職歴に分けて書くのがポイントです。その際、まず学歴はどこから書くのかが気になります。学歴・職歴の欄は意外と行が少ないためにあまり細かく「〇〇入学」「〇〇卒業」と書いていくと欄がいっぱいになってしまいます。

そのため小中学校の義務教育は書かずに「高等学校入学」から書き始めるのがおすすめです。また、その際には正式名称で書くようにしましょう。

「〇〇県立〇〇高等学校入学」など、略さずに正式名称で学校名を記入し、高校も「高等学校」と書きます。正式名称は長くなってもかまいませんのできちんと書きます。

また、何年入学、卒業が分からない場合は、入学・卒業年度自動計算表【西暦・和暦】 (年号早見表)などがあります。早見表を検索して正しい年号年数を書きましょう。

これでOK!履歴書の学歴の書き方

履歴書の学歴の書き方について、さらに詳しくご紹介します。履歴書では学歴も職歴も西暦で書くのか、令和・平成・昭和などの元号で書くのかを統一することが大切です。

また、必ず「入学」と「卒業」を明記して「高等学校入学」「高等学校卒業」と順番に書き、最終学歴までしっかり書きましょう。

卒業していない場合で、中退が最終となってしまった場合も履歴書に「中途退学」と丁寧に記入します。その際、できれば理由があれば「海外留学のため中途退学」や「経済的な問題で就職しなければならなくなったため中途退学」などと理由を書くのがいい方法です。

また、中途退学後、卒業程度認定試験に合格した場合は次のように書くのがおすすめです。

〇〇年〇月 〇〇高等学校 中途退学

〇〇年〇月 高等学校卒業程度認定試験合格

さらに、他の学校に行った場合の書き方は、次のような書き方を参考にしてください。

〇〇年〇月 〇〇大学 〇〇学部 中途退学

〇〇年〇月 △△大学 △△学部 入学

〇〇年〇月 △△大学 △△学部 卒業

転職時に役立つ履歴書の職歴の書き方

履歴書の職歴の書き方についても、ポイントを押さえておくことが必要です。職歴も学歴と同じで順番に最初から書くようにします。

会社名は正式名称を書き、さらに会社名の後に会社の業種や従業員数や主な職務内容なども書くようにします。部署や業務が移動や変更になった場合も明記しましょう。その際、履歴書に書ききれないほどある場合は、「詳細は職務経歴書記入」と書くのもいい方法です。

〇〇年〇月 〇〇株式会社 入社

 建設業 従業員数500名

 営業で地域でのルート営業を担当、新規開拓を行う

〇〇年〇月 一身上の都合により退職

〇〇年〇月 株式会社〇〇 入社

 リフォーム会社 従業員数100名

 営業部営業二課 営業事務で顧客リストの分析管理を担当

〇〇年〇月 

 営業課営業一課 営業及び顧客フォロー業務を行う

また、職歴があまりなく、アルバイトをやっていた場合についてですが、転職に役立つような内容であれば雇用形態がアルバイトでも履歴書に記載しましょう。どんな業務をやったのかを履歴書でアピールするとよいでしょう。