ワーク

仕事が辛い、苦しい…と感じる理由とは?人生が180度変わる副業7選!

複業するなら 複業クラウド

「仕事が辛い、苦しい…」どうすればいい?

今の仕事が辛い、苦しいと毎日思っている人もいるでしょう。でも「仕事をしなければいけない」「お金のために仕方がない」「他にいい仕事があるかわからない」と悩んでいませんか。

そんな時にはなぜ辛いのか、苦しいのか一度整理してみることも必要です。そこから、少しでも脱却する方法をまずは探ってみましょう。

勿論、脱却したいと思っていても、問題は解決できること、解決できないことがあります。

しかし、一日の大半を過ごす食がば辛いとなると話は別です。仕事が辛い、苦しいと感じながら時間を過ごすよりも、いい方向へ向かう解決策を見つけたほうが断然よいでしょう。

転職や副業、複業を行うことで、状況を改善する、環境や心理状態を変えていくのもいい方法と言えます。

辛い仕事・会社から抜け出したい!

辛い仕事・会社と感じる場合は、あまり「辛い」と思い込み感情的にならないようにしましょう。少し冷静に辛い理由を分析するのがおすすめです。

今の仕事のどの部分が辛いのか、以前はそれでも楽しかったのか、会社のどの部分が辛い要因になっているのかをじっくり考えてみましょう。

また他の仕事内容や部署なら同じ会社でも大丈夫なのかなどを詳しく見つめてみる必要があります。

人に相談して、辛い気持ちを言葉にすることで冷静になれるときもあるでしょう。まず自分の心を見つめなおすことから始めてみませんか?

仕事が辛い・苦しいと感じる理由は?

多くの人が仕事が辛い・苦しいと感じる理由を大きく5つに分けてご紹介します。このどれにあなたが当たるのかを自分でまず分析しましょう。

人それぞれ、仕事に対する向き合い方が異なりますので、辛い・苦しい理由も異なります。自分の場合は何が原因なのかを冷静に分析してください。

何が辛く苦しい原因なのか、どう改善すればいいのか、理想のスタイルを考えてみることも大切です。辛い理由がはっきりと分析でき整理されることで、気持ちに余裕が出てきて大丈夫になることもあるでしょう。

1.単純作業でつまらない

仕事が辛い理由としては、単純作業が苦痛な場合があります。最初は良かったけれども、慣れるにつれて毎日同じような仕事にやりがいを感じられない場合です。

新しい仕事が少しでもあると、それを習得するまでの緊張感や刺激がありますが、単純作業を繰り返すだけの場合にはつまらないと感じてきます。

自分で仕事の目標などを作ることができればいいのですが、そうした目標も設定しづらい仕事の場合には辛くなるでしょう。

2.自分に適性がないと感じる

仕事に対して、自分の適性がないと感じる時も辛いですよね。例えば人間関係が苦手なのに営業をしなければならない場合は、大きな苦痛です。

また、どんなに努力していてもなかなか仕事のレベルが上がったり、効率化が図れなかったりした場合に、自分に適性がないと感じます。

他に、もっと自分に向いている仕事があるのではと悩む人も出てきます。

3.仕事に対するやりがいを感じない

また、仕事に対してやりがいを求める人も多くいます。せっかくやりがいを求めて仕事をしているのに満たされないと苦しむ人もいるでしょう。

「もっと仕事でチャレンジしたい」「上司にも評価されてやりがいのある仕事をしたい」と悩みを持つ人は、仕事へのやる気をなくしたら辛く感じます。

向上心の強い人、仕事が好きな人ほど辛いと感じる人がいるでしょう。

複業するなら 複業クラウド