ワーク

人と関わらない仕事・職業17選|他人に会わない&疲れない働き方とは?

人と関わらない仕事:出社必要

在宅ワークほどではないですが、人と関わらない仕事は数多くあります。

ここからは出社は必要だけども、それほど人と会わない・しゃべらないで済む仕事を見ていきましょう。

わずらわしい人間関係を避けたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.配達員

宅配便や新聞配達、フードデリバリーなどの配達員の仕事は人間関係が少ない職種になります。

インターネットショッピングが一般化したことや、コロナウイルスの影響もあって、宅配便やフードデリバリーの仕事の需要は右肩上がりです。

物を届けるのが仕事になるので、接客などでお客さんとしゃべることも必要最小限で済みます。

出社が必要だとしても、人と関わる機会はそれほど多くなく、むしろひとりの時間の方が長い仕事と言えるでしょう。

2.作業員

工場や製造業のライン作業、物流・ピッキング作業などの作業員は人と関わらない仕事の代表格。

自分の持ち場で人としゃべることなく黙々と作業することができます。

人と関わるのは確認や質問事項がある時のみになりますので、人間関係のストレスが生まれにくい仕事です。

3.清掃員

清掃員の仕事も作業員と同じように、自分の持ち場が与えられて作業する形になりますので人と関わる機会がありません。

場所によっては複数のチームで作業することもありますが、それほど多くのコミュニケーションは必要としないでしょう。

人間関係を気にせず、ひとりで淡々と作業をすることが好きな方に向いている職業です。

4.運転手

運転手の仕事はひとりでいる時間が多く、人と関わらない仕事と言えるでしょう。

ただ、運転手の仕事と言っても人を乗せて運ぶか、物を乗せて運ぶかによって仕事の内容や必要な資格が大きく変わってきます。

人を乗せて運ぶバスやタクシーの運転手であれば二種免許が必須。職場の人との関わりは少ないですが、お客さんの接客が必要になります。

トラックなどの物を乗せて運ぶ運転手の場合だと、運転するトラックの大きさによって中型免許や大型免許が必要です。

荷物を届けるのが仕事になりますので、人と関わるのはこちらの方が少なくなります。

5.受付

受付は企業の窓口を担当する仕事です。来客や電話の対応が主な仕事になります。

人との関わり合いはありますが、営業などと違って深い人間関係の構築は求められておらず、人付き合いが苦手な方でも十分できる仕事です。

ただ、受付には企業の顔としての役割もありますので、社会人としてのビジネスマナーは必要になります。

6.警備員

警備員の仕事には様々な種類がありますが、そのいずれも人との関わりは少ないです。

特に施設などの巡回警備などはひとりで任されれることも多く、職場の人と接する機会は少なくなります。

イベントや交通誘導ですと複数人で行うため、連携を取るのにコミュニケーションは必要になりますが、それでも他の職種と比べると人間関係は少なめと言えるでしょう。

他人と会わない・喋らない仕事の探し方

人と関わらない仕事を探すには以下の3つを利用しましょう。

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • クラウドソーシングサイト

いずれの場合も「人と関わらない仕事」「他人と会わない仕事」「しゃべらないで済む仕事」「在宅ワーク」などと検索したり、要望を伝えたりすると、前述したような職種も含めて希望に沿う求人がたくさん出てきます。

人間関係を気にしながら仕事を探しいる方というのは意外と多いもので、「他人と会わない」等の検索ワードで仕事が見つかるよう最適化されているのが求人サイトの現状です。

転職エージェントでは自身の要望を直接エージェントに相談できるのが大きなメリット。

プロの転職アドバイザーが担当するため、仕事選びだけでなく転職活動の効果的な方法などもアドバイスしてもらうことができます。

また、第三者に相談することで、自分では思いもよらなかった企業の仕事などを紹介してもらえる可能性もあるのです。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい人と仕事を受注したい人のマッチングサイトのこと。

インターネット上で完結する在宅ワークが多数掲載されています。単発の仕事も多いので、気軽にアルバイト感覚で取り組むこともできるでしょう。

このように、人と関わらない仕事は簡単に探すことができ、なおかつその仕事の数も多くありますので、チェックしてみることをおすすめします。

複業するなら 複業クラウド