ワーク

人と関わらない仕事がしたい…人間関係が少ない仕事17選&疲れない働き方

複業するなら 複業クラウド

人と関わらない仕事がしたい…

人は一人では生きていけないのは事実でしょう。しかし、それをわかった上でも人と関わらない仕事がしたいと思っている人は意外と多いものです。

仕事上の人間関係のストレスは、たとえ人付き合いが苦手じゃないタイプの方であっても受ける精神的苦痛は相当なものになります。

現実問題として、「人間関係の問題」は仕事を辞める理由で「給与等の待遇面」「仕事の内容」と並んで常に上位を占めているのです。

ただ、現代は多様性の時代。働き方一つとっても多種多様な働き方があります。

人と関わらない仕事を選ぶことは何もおかしなことではありませんし、また実際にそのような仕事は数多く存在するのです。

ここではそんな人と関わらない仕事を詳しく見ていきましょう。

人と関わらない仕事をするために資格は必要!?

人と関わらない仕事の具体的な職種については後からご紹介しますが、その多くは資格が無くてもできるのもばかりです。

しいて必要な資格をあげるとしたら、車の免許くらいなものではないでしょうか。

むしろ人と関わらない仕事するために必要なのは、資格ではなくインターネット環境の方です。

インターネット環境がないと、まず在宅ワークの選択肢が消えてしまいます。

コロナウイルスがもたらしたある意味プラスの影響が、出社しなくても仕事が回るということが分ったことです。

つまり、今後も在宅ワークは広がりを見せていくということになります。

そのため、この先人と関わらない仕事を探すとなった時、自宅にインターネット環境があるか無いかで仕事の選択肢が大きく変わってくるのです。

【完全版】人間関係が少ない職業・仕事17選

世の中には人と関わらない仕事は意外とあるものです。

ここでは人間関係が比較的少なく済む職業・仕事を在宅ワークが可能なものと、出社が必要なものに分けて紹介していきます。

多種多様な職業がありますので、人と関わらない仕事をお探しの人はぜひ参考にしてみてください。

人間関係が少ない仕事:在宅ワーク可能

まずは在宅ワークが可能な仕事から見ていきましょう。

在宅ワークは人と関わらない究極の働き方です。自宅という自分だけの空間で、他人の目を気にせず自由に仕事ができるなんて最高ですよね。

ひと昔前までは会社に行かないで働くなんていうことは考えられませんでした。

しかし、インターネット環境の普及やZOOM・ChatWorkなどの各種ツールの登場によって自宅での仕事が可能になったのです。

仕事とプライベートのオンオフがつきにくいことから向き不向きはありますが、人と関わらない点では最高の労働環境といえるでしょう。

現在の仕事にストレスを抱えているのなら、チャレンジしてみることをおすすめします。

1.webライター

webライターは在宅ワークの中でも需要が高い仕事の代表格です。

今やどの企業もオウンドメディアに力を入れており、コンテンツ作りにおいてwebライターは欠かせません。

優秀なライターほど需要が高まっているのが現状です。

なお、webライターになるには特に資格などは必要ありません。クラウドソーシングサイト等ですぐに仕事をすることができます。

文章を書くことが好きであるなら、自宅でパソコン1台でできる仕事なのでおすすめです。

2.webデザイナー

webデザイナーの仕事はホームページなどのwebサイトのデザイン、ブログやツイッターのアイコンのデザイン、YouTubeのサムネイルのデザインなど多岐に渡ります。

PhotoshopやIllustratorなどのソフトウェアの使い方さえ覚えてしまえば初心者でも在宅でできる仕事です。

HTMLCSSといったプログラミング言語の知識を習得すれば、高単価の仕事を請けることも可能になるでしょう。

3.翻訳家

翻訳家の仕事も在宅で行える仕事のひとつ。外国語の書籍や映画、企業の資料やwebサイトなどを翻訳する仕事です。

クライアントとの打ち合わせはZOOMやテキストベースで十分行えますので、自宅で仕事が完結します。

同じ外国語を日本語にする仕事でも、通訳の仕事だと人と関わることがメインになりますので、人と関わらない仕事をするのであれば翻訳家の方がおすすめです。

複業するなら 複業クラウド