【プレスリリース】長崎県壱岐市がワーケーションやDX領域などにおいて5名の複業人材を登用決定!複業クラウドを活用し、地域課題の解決を目指す

成功報酬無料のSaaS型 複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を展開する株式会社Another works(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:大林 尚朝)は、2022年1月11日、長崎県壱岐市の役場内に複業人材を登用する実証実験において、即戦力の複業アドバイザー5名の参画が決定したことをお知らせいたします。長崎県壱岐市での取り組みは、Another worksが推進する自治体での実証実験における全自治体連携21のうち19例目となります。

 

・DX推進アドバイザー/飯沼 広基 氏

・ワーケーション促進アドバイザー/福田 和博 氏、田代 里沙 氏

・組織運営アドバイザー/小野 将大 氏、植本 宰由 氏

 

■連携の背景と目的

日本は人口減少や少子高齢化など深刻な課題に直面しており、特に地方自治体ではDXや広報PRなどの専門的なスキルをもつ人材が不足しています。政府では、市町村への人材派遣を支援する「地方創生人材支援制度」に取り組み、人材面から地方をサポートしています。

 

日本全体が地方創生に向けて動き出している中、弊社では複業クラウドを活用し、全国の自治体が抱えるさまざまな課題と、その課題を解決できるスキルをもつ複業人材とのマッチングを支援しています。長崎県壱岐市とAnother worksは、2021年11月12日に連携協定を締結しました。

 

■実証実験の概要

長崎県壱岐市では、複業クラウドを活用し「DX推進アドバイザー」「ワーケーション促進アドバイザー」「組織運営アドバイザー」の3職種で複業人材を公募しました。そしてこの度、壱岐市と専門的な知見や実績をもつ人材とのマッチングを創出でき、登用されるアドバイザーが決定しましたのでお知らせいたします。

期間は1月上旬から3月末までの約3ヶ月間で、オンラインによるアドバイスを中心に壱岐市の課題解決に向けてサポートする予定です。

 

・業務を開始する複業アドバイザーの主な応募動機やコメント

・壱岐には、幼少期の頃から両親に毎年連れてきてもらっていました。現在も妻と子供を連れて毎年壱岐へ遊びに行くほど大好きな島です。訪問する度に島の住民の方々と繋がることに喜びを覚え、この島に貢献できることはないかとずっと模索しておりました。壱岐がもっと魅力的な島になるように伴走いたします。

・これまで積み重ねてきた経験を活かし、壱岐市でのワーケーションの推進にお力添えができたらと思っています。

・壱岐市に訪れた際、豊かな自然や島のみなさんのあたたかさに触れ、感動し、ここを多くの人に知ってもらい、来てもらいたいと感じました。この度、ご縁をいただくことができたので、この想いを壱岐市のみなさんとカタチに出来たら嬉しいです。

 

■登用人材のプロフィール

・DX推進アドバイザー 1名

飯沼 広基 氏/株式会社LayerX

修士課程修了後、東京ガス株式会社にて研究開発職に従事し、ハードウェアエンジニアとして製品開発のプロジェクトマネジメントに携わる。コロナ感染拡大直前期に株式会社グラファーにてBizDevとして勤務し、地方自治体のデジタル化支援を黎明期から携わり、政令指定都市や広域自治体など数多くのDXプロジェクトを経験。2021年11月より株式会社LayerXにて、SaaS・Fintechの領域にて活動中。個人としても副業で複数の地方自治体のDX推進アドバイザーに携わる。

 

・ワーケーション促進アドバイザー 2名

福田 和博 氏/神奈川ワーケーションNavi(株式会社ラ・ギターラ)

神奈川ワーケーションNavi編集長。東北大学大学院修了後、ソニー株式会社で商品企画や事業戦略を担当。趣味のスキューバダイビングで沖縄や海外でのワーケーションを実践する中で、複業投資家としての自由な働き方と健康的な暮らし方との調和を目指して、横浜で株式会社ラ・ギターラを起業。「徹底的に利用者目線」で「本当に役立つ」情報を発信するワーケーション専門Webメディアを運営しつつ、ワーケーター目線でのコンサルティング事業を展開。2022年1月には「先進的なワーケーター」を6タイプにまとめた「ワーケーションペルソナ」を無償で公開。(一社)日本ワーケーション協会 公認ワーケーションコンシェルジュ。

 

田代 里沙 氏/教育サービス業、サウナラブ

フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー(FSA) 。The best sauna story of the year 2019(フィンランドサウナアンバサダー年間活動)最優秀賞受賞。2019年から福岡を拠点にサウナラブという屋号でテントサウナ体験イベントを中心として、地域活性やワーケーション事業のコンサル・運営、グッズ販売、メディア出演などを行う。2021年6月〜12月は福岡県豊前市のマーケティングアドバイザーとして活動し、豊前市と連携して地域資源を活用したイベントの開催や地域の施設の活用やPR、オリジナルグッズ作成販売での支援を実施。本業は教育サービス業をしており、子どもたちの学習・進路のサポート、ご家庭へのアドバイスなどを行う。

 

・組織運営アドバイザー 2名

小野 将大 氏/株式会社デジタルホールディングス

ITベンダーにてシステム開発に携わった後人事へキャリアチェンジし、成長支援/組織開発の領域で研修設計や制度企画を経験。Webスタートアップの人事基盤構築を経て、2018年よりDXを主事業とするデジタルホールディングスで経営人材育成や組織開発を担当。フリーのワークショップデザイナーとしても活動し、対話イベント主催やオンライン対話サービス開発、体験交流型の地域越境セッションファシリテーター等を実施。対話を通じて自己の自明性に気づくことによって個々人/組織が自律的に変化していくプロセスに強い可能性を感じ、場づくりを行っている。

 

植本 宰由 氏/大手広告会社

大学卒業後、ベンチャー企業を経て大手広告会社にて勤務。一貫して高等教育機関の学校経営、学生募集の戦略立案に9年間従事。年間MVPも数度受賞。首都圏で5年間コンサルティング営業や組織のありたい姿の策定などを担当した後、地元九州へチームリーダーとして異動。2020年より九州全域の責任者を担当しマネジメントや営業戦略立案に従事。現在に至る。教育から地域を元気にしたいと志しMBAを取得。幼少期から通っている大好きな壱岐の活性・発展に貢献するためにアドバイザーへ就任。

 

■長崎県壱岐市 概要

自治体名:長崎県壱岐市

住所:〒811-5192 長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触562番地

自治体HP:https://www.city.iki.nagasaki.jp/

 

■自治体連携について

Another worksと連携している自治体との取り組みはこちらからご確認いただけます。

連携希望の地方自治体担当者さまがいらっしゃれば、気軽にご連絡ください。

https://is.gd/zWPnjS

CALENDAR

  • 2022.01 (9)
  • 2021.12 (13)
  • 2021.11 (12)
  • 2021.10 (19)
  • 2021.09 (15)
  • 2021.08 (12)
  • 2021.07 (13)
  • 2021.06 (9)
  • 2021.05 (11)
  • 2021.04 (8)
  • 2021.03 (8)
  • 2021.02 (6)
  • 2021.01 (6)
  • 2020.12 (13)
  • 2020.11 (4)
  • 2020.10 (9)
  • 2020.09 (9)
  • 2020.08 (7)
  • 2020.07 (6)
  • 2020.06 (15)
  • 2020.05 (10)
  • 2020.04 (4)
  • 2020.03 (13)
  • 2020.02 (3)
  • 2020.01 (3)
  • 2019.12 (1)
  • 2019.11 (1)
  • 2019.10 (1)
  • 2019.09 (9)


  • CONTACT

    Anotherworksとのビジネスパートナーシップや、取材のご案内についてなど、
    お気軽にお問い合わせくださいませ。