【プレスリリース】「コロナ禍が落ち着いても複業に挑戦し続けたい人」は約7割。新型コロナウイルス感染症拡大の影響及び企業の副業解禁に伴う「副業/複業に関する意識調査」

複業マッチングプラットフォーム「Another works」を展開する株式会社Another works(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:大林 尚朝)は、2021年2月4日、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の影響及び企業の副業解禁に伴う「副業/複業に関する意識調査」を実施し、その結果を発表いたします。合わせて本調査の企業向けレポートも公開しました。
■調査結果概要
昨今の新型コロナウイルス感染症拡大のによるワークスタイルの変化および平成31年に変更された厚生労働省のモデル就業規則や企業の副業解禁に伴い、副業や複業は例年に比べ注目されるようになりました。本調査は、そうした意識変化とそれに紐づく課題を抽出することを目的に実施しています。下記が主な特徴です。
  • 経済面に関する目先の不安が増えた人は63.5%
  • 複業/副業を新たに開始(もしくは増やした)人は57.1%
  • 新型コロナウイルスが落ち着いたとしても、副業/複業に挑戦したい、または続けたい人は66.8%
  • 勤め先で副業/複業が認められているのはわずか29.2%

■調査詳細

<回答者の声(フリーコメントから抽出)>

  • 漠然とした収入の減少がいつ起こるかわからないため
  • 給料が下がったから

緊急事態宣言やそれに伴った自粛により、各地で収入や生活に影響がでる人が増えています。経済面で直接的に影響を受けた人や、漠然とした不安にかられる人は依然として多いようです。

<回答者の声(フリーコメントから抽出)>

  • 収入が少し減ったので、副業の必要性を感じたから。
  • ひとつの企業に依存してはいけないと感じた。みずからをブランド化する必要を感じた

副業や複業への興味関心が高まる中で、実際に行動にまで移し働き方を変えた人が半数以上という結果になりました。収入を増やすための副業を検討される方はもちろん、自身のスキルを活かし新たな挑戦をする複業も増えています。

「コロナ禍が落ち着いたとしても副業や複業に挑戦したい、または続けたい人」は約7割にも登りました。今後2つ以上の収入源を持ったり、本業とは別のコミュニティで働いたりすることはスタンダートになりそうです。

勤め先での副業・複業制度についての設問では、個人の複業意欲に比べて企業の解禁が進んでいない印象を受ける結果となりました。ただ、大手企業での副業解禁、登用が積極的になってきたこともあり、解禁に向けて準備している企業は約4割となっています。

 

対して、「わからない、答えられない」と回答した人も約3割で、理解せず、もしくはあえて「伏業」している人がいる可能性があります。多様な働き方を認めていく必要がありそうです。

複業先での勤務を経て転職をする方も増えてきました。最近では入社前に相互理解を深めるための「お試し転職」も増えています。

 

副業/複業は社会のスタンダードに
今回の調査では、個人の副業/複業意欲に対して企業の取り組みは遅れていることがわかりました。しかし、すでに副業解禁に向けた準備を進める企業も増えているため、2021年はあらゆる企業で副業/複業の容認と登用事例の増加が見込まれます。「お試し転職」などの導入も増え、企業は副業を容認しないと採用活動に影響が出る可能性もありそうです。

 

Another worksでは複業人材の登用を検討する企業をサポートしています。企業は毎月定額料金で利用でき、採用が実現しても成約手数料は一切かからないため、採用コストの削減も実現します。今後も複業を社会の当たり前にするため、サービスを拡大してまいります。

 

企業向けの市場レポートをご希望の担当者さま
昨今の副業/複業推進に伴い、企業成長の施策のひとつとして、複業人材の登用ニーズが一段と高まっています。
一方で「実際どのように複業人材を登用すれば効果的なのか」といった声を頻繁に耳にする現状も抱えています。そこで「複業人材を登用したい」あるいは「解禁のための準備を整えたい」と考えている企業様向けに、複業人材を登用するうえで抑えておきたい複業市場のレポートを公開いたしました。

 

本レポートに目を通していただくだけで、複業市場の新たなモデルや行政での複業人材の登用事例など、複業に関する最新ニュースをご覧いただけます。ぜひご活用ください。
https://bit.ly/2YwNdK7
※本資料は学生、フリーランス、競合他社様に提供をしておりません。予めご了承ください。入力確認後、数日以内にメールにてご連絡いたします。なお受付は2月中までが対象です。

 

■調査概要
調査対象:20〜40代の男女【雇用形態内訳:会社員 77.6%/ 派遣・嘱託・契約社員 11.2% / 自営業 6.6% / その他2.3%】
調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
調査期間:2021年1月21日(木)〜1月28日(金)
回答者数:N=304
調査内容分析:株式会社Another works

 

■本件に関するお問い合わせ
データの掲載につきましては、出典「Another works」と明記をお願いします。取材のお問い合わせ、追加でご希望の情報がございましたら気軽に下記までご連絡ください。必要に応じて全データ開示も可能です。また、CEO大林へのインタビューのほか、複業や人材業界を牽引する顧問との座談会なども設定いたします。
press@anotherworks.co.jp
新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様および関係者の皆様、影響を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復と、感染の収束をお祈りいたします。

CALENDAR

  • 2021.02 (5)
  • 2021.01 (5)
  • 2020.12 (13)
  • 2020.11 (4)
  • 2020.10 (9)
  • 2020.09 (9)
  • 2020.08 (7)
  • 2020.07 (6)
  • 2020.06 (15)
  • 2020.05 (10)
  • 2020.04 (4)
  • 2020.03 (13)
  • 2020.02 (3)
  • 2020.01 (3)
  • 2019.12 (1)
  • 2019.11 (1)
  • 2019.10 (1)
  • 2019.09 (9)


  • CONTACT

    Anotherworksとのビジネスパートナーシップや、取材のご案内についてなど、
    お気軽にお問い合わせくださいませ。